【瀬尾まいこ/図書館の神様】先生と生徒・部活動・同級生の自殺・不倫・アレルギー・弟、そして本の意味とは?

あらすじ

思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。
「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!
清く正しくまっすぐな青春を送ってきた“私”には、思いがけないことばかり。
不思議な出会いから、傷ついた心を回復していく再生の物語。
ほかに、単行本未収録の短篇「雲行き」を収録。

「これって青春?」
「どうやらそのようですね」
人と出会うことのすばらしさを独特のタッチで描く感動作。

一見、希薄ではあるものの根っこの部分で繋がっていて、
べたべたしないが素っ気ないわけでなく、情には流されないが情の厚さを知っている。
そんなふたりの関係。いいなあ。
[解説より 山本幸久]

【新品】【本】図書館の神様 瀬尾まいこ/著

created by Rinker

図書館の神様【電子書籍】[ 瀬尾まいこ ]

created by Rinker

感想

部活動に本気だったからこそ、妥協できなかったあの頃の自分。
人を傷つけたり、追い詰めるなんてこと夢にも思わなかったあの頃の自分。
無我夢中で走っていたからこそ気づけなかった過去がある。
同級生を傷つけ、自殺に追い込んだのは・・・、きっと「自分のせいだ」と感じる。
「まさか」、「だけど」、「本当に」、ありえる話。
知らず知らず人を傷つけ、傷ついた人を見て、また傷つく。
そして大きなトラウマになって呪いのようにずっと続く。
これが罪だと思う。
だけど、そんな過去や罪を、みんなうまく誤魔化し隠して生きている。
それが良いことか悪いことか分からないけど、悲しいことってのは分かる。

生徒の垣内君が負った過去の傷も、先生が過去に負った傷も、話さない。
なのに、ふたりがどこかで通じ合っているような、そんな優しい雰囲気を感じる。
お互いに『なにかあった』のを感じつつ、聞かない。
だから希薄な関係のように見えるけど、そうじゃない。
そんな優しさが二人にはあって、ただの学校での日常が過ぎ去っていく感じが良い。
穏やかに流れる温かな風のような。陽だまりのような日々。

そして、図書館の神様だけに、『本』が重要だ。
ふたりを繋ぎだすきっかりになるのも、本。
この世にあるたくさんの本。
それを読むだけであらゆる知識を得たり、歴史を知れたり、行ったことないところへも行ける。
垣内君の熱弁は、やっぱり子供らしさがあって良い。

私も先生と同じように本を読まない人間だった。
だけど、一度面白さを知るとハマる。
そして、本は読んでみないと分からないってよく思う。
面白いか、面白くないか、読んでみないと分からない。

登場人物で一番好きだったのが、弟!
姉の事をいつも想い、純粋な弟。
幼少時代の「なんでこんなことになっちゃうの」と涙ながらに訴える健気な弟の姿に胸がギュっとなった。
「なんにも悪いことしてない」のに、悪いことってやってくる。
『致し方ない事』だけど、やっぱり理解できない。
子供の『なんで』って、本当に純粋な『なんで』なんだよなあ。
弟可愛すぎて、本当に救われる。

アレルギーめっちゃ持ってる私には、
この作中のアレルギーに対する表現とか、言い方に疑問を持つところも色々あった。
『心』と『体』って、やっぱり本当に密接に関係してるし、ふたつでひとつなのは本当。
だから、どっちかのバランスが傾いたら、どっちかのバランスも傾くこともある。
『心』が白、『体』が黒でバランスがとれていた時に、
『心』が黒になったら『体』は白になろうとするのかな??
そんなことを考えながら、アレルギーに関しては答えは出なかったなあ。
むしろアレルギーに苦しむ私は、その答え、すごく知りたいけど…
先生と全く同じ人なんていないから、私なりの答えを出そうと思う。

Copyrighted Image