【 椰月美智子/14歳の水平線】中二病・父と息子・夏休みの思い出・青春・すれ違いの末に。

あらすじ

中二病真っ只中で何かといらついてばかりの加奈太。だが夏休みに、父親の故郷の島で中二男子限定のキャンプに参加することに。初対面6人の共同生活が始まった―。一方、シングルファザーの征人は、思春期の加奈太の気持ちをうまくつかめないでいた。そんななか共にやって来た島では、たちまち30年前の日々に引き戻されてゆく。父親を亡くした、あの暑い夏へと―。14歳の息子と、かつて14歳だった父親。いつの時代も変わらぬ思春期の揺らぎと迷い、そしてかけがえのない時期のきらめきを、温かな眼差しで掬いとった感動長編。

最高にキラキラした夏
新しい青春小説の傑作!!
友情や恋、親への想い、将来の夢。
心揺れる少年たちが、小さな島で見つけた大切なもの

浅野中、筑波大附属中、ラ・サール中ほか
中学入試、国語問題に頻出の青春小説!

14歳の水平線 [ 椰月美智子 ]

created by Rinker

感想

まさに帯の「最高にキラキラした夏」がピッタリの作品!
登場するのは、中学生が中心!
中二病全開の加奈太と、同じように中二らしいサッカー部の男子たち。
そして、中二とは思えないキャラクターの、「かけがえのない友達」になる2人の男子。

小さな神の島で体験するはじめてのことだらけ。
なんでも楽しめちゃう、男の子っていいなーって思う描写がたくさん出てくる!
これぞ青春!と言わずしてなんというのかってくらい爽やかな作品。

現在進行形の加奈太のストーリーと、過去の父親のストーリーが交互に進行していく。
この2つのストーリーが重なって、時を超えた2人の14歳がそれぞれに何を思うのか。
暗く悲しい部分も、14歳の真っ直ぐさによってそこまで悲壮感は感じられない。

読み終わった時に、心の中に爽やかであり温かな風を感じる!
父親にオススメしたい本でもある!

Copyrighted Image