【LION MEDIA】から【LION BLOG】に変えた理由とメリット・デメリット WordPressテーマ

WordPress無料テーマなのにすごい!

この【旅女がゆく!グルメカフェ東海】を立ち上げるにあたってぶつかった壁。

WordPressのテーマ何にしたらええか分からん。。。

って思ってWordpressの無料テーマをググりまくってました。
そしたら、よってたかって色んなサイトが使ってるテーマを発見!

それが、無料テーマの【LION MEDIA】でした。
AMP対応・SEO最適化・レスポンシブなどの機能に優れたできるやつ!
とりあえずデザインは置いとき、SEOの観点でソッコーLION MEDIAにしました。

LION MEDIA(ライオン メディア)は、AMP対応・SEO最適化・レスポンシブ・高機能。そして、表示速度が速い、無料のデザイナーズ WordPressテーマです。全体としてメディアサイト向けに作っていますが、個人ブログなどでももちろん利用できますし、カスタマイズ次第で様々なタイプのサイトに利用できるテーマになっています。
参考:LION MEDIA

この時、LION BLOGの存在も知っていたんですが、、
デモサイトのTOPページをパッと見でLION MEDIAのが優れてるな。
って思ってよく見ずにLION MEDIAにしたんです。

LION MEDIAはスマホ表示時が見にくい?

LION MEDIAにして1か月程たった。

記事もなかなか増えてきたし、そろそろ見栄えもちゃんとしよかなー。
ってなんとなくカスタマイズについて考えてたんですよ。

したら個人的にめっちゃ気になる部分が出てきちゃって。。
これはもう、どうにかせなあかんと。。

TOPページはGOOD!


1枚目がLION MEDIAのデモサイトTOPページ。
そして2枚目が私のサイト

画像の左側がスマホ表示、
画像の右側がPC表示になってます。

TOPページは最新投稿記事が表示されるんだけど、
PCでもスマホでも2列に表示されるのがとっても良かった!

設定もポチポチっとするだけでこの表示。大満足。

投稿ページが見にくい!読みにくい!


気になったところは、投稿ページ!

ページの上部にアイキャッチ画像などが表示されます。
これ、PC表示だとクールでカッコイイ!んですが、スマホ表示が活かしきれてない。。。
むしろ見にくく読みにくくなっちゃってるやん。。

ってところが、すごーーーく気になってた。

そこでカスタマイズしよう!
って思ったけど消す方法わからんのです。

「これLION MEDIAだよな~?」って同じ構造のサイトをいっぱい発見!
「絶対LION MEDIAっぽいのに、なんで投稿ページスッキリしてるんだ??」
「カスタマイズ記事になんもないな…」

色々見てて気づきました!
「これ!LION BLOGか!?」と。

そこでLION BLOGのデモサイト確認したら、まさにドンピシャ!!
投稿ページのスッキリさったら。

そこでLION BLOG移行を決意したんですね~。

LION BLOGに変えてスッキリ!

LION BLOGのデモサイト。

文字と写真が別々で表示されるので、スッキリ。
わかりやすいアイキャッチと、見出しになってます。

とりあえずはこれで、もやもやは解決!
そしてここからLION BLOGのカスタマイズに入っていくのですが…
それはまた別記事にてアップします!

chrome拡張機能で簡単スマホ表示確認!

WEB表示の確認をする際にお世話になってる便利機能!

PC表示もスマホ表示も一気に確認できます!
chrome拡張機能で、chromeウェブストアより無料ダウンロードできます。

観覧中のページを2分割します。レスポンシブサイトの場合は、スマホ版とパソコン版を並べて確認出来るようになります。
ボタン1つで画面が2つに分割されます。レスポンシブサイトの場合、片方のウィンドウをスマホの幅にすることで、パソコン版とスマホ版のデザインを一度に確認することが出来ます。
横幅はマウスで自由に変更可能です。
参考:レスポンシブ チェック!

FIT-Web Create.について

この秀逸なWordpressの無料テーマを提供しているのが『FIT-Web Create.』というチームです。

会社は千葉県印西市にあるWEB制作事務所。
って聞くと普通なんですが、数人の個人事業主がチームを組んで活動しているという!

会社じゃなく、チームなんですね!

なんだか楽しそうだし、めっちゃクリエイティブ感がひしひし。
各分野の専門家が集結してる強みがひしひし。

個人的に興味があるのでWEBはちょいちょい覗きにいこうと思います(笑)

FIT-Web Create

WordPressのテーマ
ダウンロードページ

Copyrighted Image