シェアハウスの掃除問題(面倒ごと編)

シェアハウス 掃除問題 移住

シェアハウスの掃除問題

シェアハウスで暮らす中で、どうしても避けて通れないのがお掃除問題
生活する上で絶対欠かせない部分でありながら、人それぞれ性格が出る部分。それだけに、シェアハウスの共同生活においては頭を悩ませる問題になることがしばしば。
きれい好きな人は特に気になる、そんなお掃除問題、!
 

Point!
実体験を元にどんな苦労点があるのが語ってみたいと思います。

基本の考え方
ちなみに私は、シェアハウスは共同生活であり、「助け合い」は素晴らしいことだけど、「馴れ合い」じゃないと思ってます~。
自立した大人がそれぞれに「自分のことは自分でする」という基本的があってこその共同生活。
「次使う人のことを考える」とか、気配りって大切だなぁ~としみじみ思うこの頃。
それを踏まえた上で読んでもらえると嬉しいです。

キッチンお片づけ編

キッチン用品の、フライパンだったりお皿だったりお箸だったりは全て共用です。
なので自分で使用したものは自分で洗う、というのが基本ですね!
食器乾燥機にかけたり、食器立てに置いて乾かしたりします。

その片付けは、「キッチンを使用する人が片付けてから使用する」というルールがありました。
タイミングによっては、毎回同じ人が片付け役になることもあり、人数が増えたことによって1回の片付けが多くなり重荷になったりとけっこう大変。

自分で使ったものは、自分で片付ける」のシンプルなルールが良いのかぁと考えたりしました。

ダイニングおこぼし編

ごはんを食べるスペース、共用ダイニングではおこぼし問題がちらほら発生します。
ダイニング使おう〜と思うと、机の上が汚れてたりすることも。
パンくず溢れてたり、ご飯粒ついてたり、ソースが点々と…
使った後はササっと掃除していくって大切。
お互い気持ちよく使うためにも。

ゴミ袋パンパン編

キッチン脇に大きなゴミ袋が設置されています。
基本はキッチンで出たゴミを捨てますが、けっこう各自いろんなゴミを捨ててるみたい。
このゴミ箱がすぐパンパンになるけど、そのまま放置されている場合が多いのです。
1日1回は替えてる気がする。
次の人が捨てにくいかも、って取り替えられると良いですよね~。

階段ほこりまみれ編

自室以外にリビングやダイニングなどわかりやすい共用の部屋は、掃除当番で掃除する人が決まっています。
ただ、問題になるのが掃除当番がない共用部分!

これが意外と汚れるの。
埃舞ってたりするので、フローリングであればクイックルワイパーでババっと掃除しちゃいます。
難しいのがカーペット部分。
掃除機類の設備がよくなく、カーペットのゴミを吸い取ってくれるものがない状態・・
気になっちゃうので私は自前のコロコロでコロコロしました!

洗濯機・乾燥機ほこりまみれ編

ある時期から、洗濯したばっかのものがなぜか埃まるけで汚いことに気づきまして。
なんとその原因が、「洗濯機や洗濯乾燥機が汚れていたから」だったのです!

洗濯機に関しては、管理人さんが洗濯洗浄を行ってくれて無事解決。
乾燥機については、「各自がフィルターのゴミを取る」というルール。
洗濯の度にフィルターを確認するんですが、これが毎回すごい埃・・
こんなに埃って出るんか、ってくらい埃。
洗濯乾燥機ってこういうものなのかな??
せっかく洗濯したのに汚れて出てくるとか恐怖です。

お風呂で髪の毛ぷかぷか編

お風呂場に関しては、毎回使用した人が洗うというルール。
お風呂を毎回洗うって確かに重労働なんですよね、大変。
それでも一番気を使う共用部分なので、気を使いたいですよね。
湯船にお湯ためて、入ろう〜と思ったら毛やらなにやらがぷかぷかしてたら悲しいですもん。
髪の毛って意外と抜けるし、びっくりするところに落ちてたりするからやっぱり気を使う部分。

シェアハウスのお掃除問題まとめ

きれい好きには色々と気になってしまう点が…!
実際に住んでみると大きな問題ってよりも、小さな問題の積み重ねなんだなーと実感します。
私自身も共用部分の利用に関しては、気を使ってるつもりだけど気づかぬうちにやらかしてる部分があるかもしれないし…なかなかに難しいです。

もちろん「お互い様」って部分はあります!
なるべく大らかに、「このくらいならいっか〜」と許す心を持つようにしてます。

潔癖症や綺麗好きな人は辛いかな〜。
「気になるくらいなら自分で全部やっちゃう!」ってくらいのお掃除好きな人はうまくいくかもしれませんね。

ここではあえてお掃除問題を取り上げてるけど、シェアハウスの暮らしは是非ともオススメしたいです!
シェアハウスって面白いですからね!
体感では、メリットが7割、デメリットがお掃除とか共用部分の問題で3割って感じなのかなと。
 

Point!
参考や心構えになれば、幸いです。

Copyrighted Image